日本M&Aセンターの平均年収は1353万円【役職/年齢/性別推移】

平均年収の高いM&A業界のなかでも、日本M&Aセンターは上位の年収を実現している企業です。本記事では、日本M&Aセンターの平均年収や年収ランキングを紹介するとともに、年齢別や役職別、性別の年収推移がどれくらいになるかを推測します。

日本M&Aセンターの企業情報

日本M&Aセンターの平均年収について解説する前に、まずは日本M&Aセンターの事業内容や業績といった基本情報を紹介します。

事業内容

日本M&Aセンターの公式サイトに記載されている事業内容は以下のとおりです。M&A仲介以外にも、上場支援や企業再生支援など幅広い事業を行っています。

【日本M&Aセンターの事業内容】
1.M&A仲介
2.PMI支援
3.企業評価の実施
4.上場支援
5.MBO支援
6.企業再生支援
7.コーポレートアドバイザリー
8.企業再編支援
9.資本政策・経営計画コンサルティング

業績

日本M&Aセンターの、2017年から2020年の売上高と営業利益は下表のようになっており、専門職で設備投資が少ない業態のため、高い営業利益を達成していることが分かります。
また、売上高・営業利益ともに年々大幅に上昇しており、今後の伸びしろが大きい企業であることもみてとれます。

【日本M&Aセンターの業績】

決算期 売上高 営業利益
2017年3月期 約190億円 約90億円
2018年3月期 約246億円 約116億円
2019年3月期 約285億円 約125億円
2020年3月期 約320億円 約142億円

日本M&Aセンターの平均年収は1353万円

M&A業界は総じて平均年収が高い傾向にありますが、日本M&Aセンターは特に高年収を実現している会社の1つです。この章では日本M&Aセンターの平均年収、平均年収が高い理由などを解説します。

日本M&Aセンターの平均年収が高い理由

有価証券報告書によると、2020年3月期の日本M&Aセンターの平均年収は1353万円となっています。過去5年間の年収の推移は以下のとおりです。
下の表をみると、日本M&Aセンターの年収は年度によって少しばらつきがあるものの、ここ数年間はおおむね安定しているといえます。

【日本M&Aセンターの平均年収の推移】

年度 平均年収
2020年3月期 1353万円
2019年3月期 1414万円
2018年3月期 1320万円
2017年3月期 1419万円
2016年3月期 1237万円

日本M&Aセンターの年収が、高い金額で安定している理由にはどのようなものがあるのでしょうか。主な理由としては、以下の3つが考えられます。

【日本M&Aセンターの平均年収が高い理由】
1.仕事内容
2.1人あたりの担当案件数
3.インセンティブ制度

仕事内容

日本M&Aセンターの仕事内容は、どの職種でも高い専門性が必要とされます。専門性が高い仕事をこなせるのは能力のある人だけなので、必然的に年収も高くなります。
日本M&Aセンターの職種には、M&Aコンサルタント・M&Aアドバイザー・M&Aコンシェルジュ・コーポレートアドバイザーなどがあります。各職種の主な仕事内容は以下のとおりです。

【日本M&Aセンターの各職種の仕事内容】

職種 仕事内容
M&Aコンサルタント M&A仲介業務など
M&Aアドバイザー M&A実行の手続き(エグゼキューション)など
M&Aコンシェルジュ 会計事務所・税理士事務所への営業など
コーポレートアドバイザー 企業価値評価・財務評価・スキーム案作成など

1人あたりの担当案件数

1人あたりの担当案件数について詳細な情報はありませんが、口コミでは前年の業績によって目標予算が決められるといった情報もあります。
つまり、実力のある人にはより多くの予算が振り分けられるので、高年収につながっていると考えられます。

インセンティブ制度

M&A仲介会社全般にいえる傾向ですが、日本M&Aセンターもインセンティブを重視した給与体系を採用しています。
インセンティブは成果を上げるほど年収が増えるので、平均年収を押し上げる要因となっています。
採用情報をみても、初年度想定年収で1000万円以上の可能性ありとなっており、口コミでは入社一年目で年収2000万円可能という記述もあります。

日本M&Aセンターは年収ランキング13位

年収情報サイト「年収ランキング」によると、日本M&Aセンターの2019年度年収ランキングは、全上場企業のなかで13位となっています。
M&A関連の会社に限っていえば、ランキング1位のM&Aキャピタルパートナーズ、3位のGCAに次ぐ3番目となっています。

【M&A関連企業の年収上位3社】

会社名 年収ランキング 平均年収(2019年)
M&Aキャピタルパートナーズ 1位 3109万円
GCA 3位 2063万円
日本M&Aセンター 13位 1414万円

日本M&Aセンターの年齢・性別年収推移

この章では、日本M&Aセンターの年齢・性別年収推移をみていきます。

日本M&Aセンターの年齢別年収推移

日本M&Aセンターの年齢別年収については、はっきりとしたデータがあるわけではないので、ここでは統計データなどをもとにした推測していきます。
国税庁が公表している「平成30年分民間給料実態統計調査」によると、全業種を平均した年齢別の平均年収は下表のようになっています。実際のデータは5歳刻みですが、平均をとって10歳刻みにしています。

【全業種を平均した年齢別の平均年収】

年齢 平均年収 全年齢を平均した年収(436万円)に対する比率
20代 319万円 0.73
30代 429万円 0.98
40代 489万円 1.12
50代 525万円 1.20

日本M&Aセンターの定年は60歳であるため、50代までの年収を考えることにします。
令和2年に国税庁が公表したデータによると、全年齢を含めた全体の平均年収は436万円です。また、20代・30代・40代・50代の平均年収は、全体の平均436万円に対してそれぞれ0.73倍・0.98倍・1.12倍・1.20倍となります。
日本M&Aセンターの年齢別年収も同じ比率で上昇すると仮定した場合、日本M&Aセンターの全年齢を含めた全体の平均年収は1353万円なので、これに先ほど求めた倍率を掛けると、日本M&Aセンターの年代別平均年収の推測値を求めることができます。
その結果、20代が988万円、30代が1326万円、40代が1515万円、50代が1624万円というのが推測値になります。
【日本M&Aセンターの年齢別年収推移の推測値】

年齢 年収
20代 1353万円×0.73=988万円
30代 1353万円×0.98=1326万円
40代 1353万円×1.12=1515万円
50代 1353万円×1.20=1624万円

ただし、これはあくまで平均データからの推測値なので、実際の日本M&Aセンターの給与と大きくずれている可能性もあります。
特に、日本M&Aセンターは平均勤続年数が短く、インセンティブの割合が高いので、平均的な推測値から外れやすい要素があるといえます。

日本M&Aセンターの性別年収推移

性別の年収推移も明確なデータがないため、平均から推測していきます。転職サイト「doda」によると、全業種含めた全体の男女別平均年収は以下のとおりです。

【全業種含めた全体の男女別平均年収】

年代 男性の平均年収 女性の平均年収 女性の年収÷男性の年収
20代 369万円 319万円 0.86
30代 481万円 375万円 0.78
40代 567万円 401万円 0.71
50代 671万円 428万円 0.64

これらの平均年収から男女比(女性の年収÷男性の年収)を求めると、20代が0.86、30代が0.78、40代が0.71、50代が0.64となります。日本M&Aセンターの性別年収も、この比率に従うと仮定して考えることにします。
従業員数の男女比が男性9:女性1と仮定し、先ほど求めた年収の男女比と、前節で求めた年齢別年収推移の推測値を使うと、日本M&Aセンターの性別年収推移の推測値は以下のようになります。
20代が男性1002万円・女性862万円、30代が男性1356万円・女性1,058万円、40代が男性1560万円・女性1108万円、50代が男性1685万円・女性1078万円です。

【日本M&Aセンターの性別年収推移の推測値】

年代 男性の年収 女性の年収
20代 1002万円 862万円
30代 1356万円 1058万円
40代 1560万円 1108万円
50代 1685万円 1078万円

ただしこれはあくまで平均データを用いた推測値であるため、実際の性別年収推移は大きく異なる可能性もあります。

日本M&Aセンターの学歴別初任給・経歴別給料

日本M&Aセンターの採用情報をみると、初年度の想定年収にかなり幅があることが分かります。これは、インセンティブによるところも大きいですが、学歴や前職の経歴なども影響しているものと考えられます。
では、日本M&Aセンターの学歴別初任給、経歴別給料はいくらになっているのでしょうか。

学歴別初任給

日本M&Aセンターの初任給は、大卒が28万円、大学院卒が29万円となっています。あまり差はありませんが、大学院卒のほうがやや高くなっています。また、実際にはこれにボーナスやインセンティブがつきます。

経歴別給料

日本M&Aセンターの採用情報をみると、中途採用では前職の経歴や収入を考慮して、初年度の年収を決定するとなっています。
具体的にどのような経歴があればいくらになるかは明記されていませんが、例えば会計士や税理士といったM&A業務に関連がある経歴があれば、初年度の年収が高くなる可能性があります。

日本M&Aセンターの主任・係長・課長・部長別年収

日本M&Aセンターはインセンティブを重視した実力主義の報酬体系であり、平均勤続年数も短いことから、入社して浅い時期から高給を目指している人も多いと考えられます。
しかし、日本M&Aセンターで長く働こうを思っている人は、課長・部長と昇進した時に年収がどれくらい増えるかも気になるところでしょう。
この章では、日本M&Aセンターの主任・係長・課長・部長といった役職別の年収について考えていきます。

年収

日本M&Aセンターの主任・係長・課長・部長別年収について、はっきりしたデータはないので、大まかな推測しかできません。
厚生労働省が役職別の平均賃金データをとっているので、そこから推測していくことにします。
厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」の「役職別にみた賃金」によると、非役職者・係長級・課長級・部長級の平均年収は下表のようになっています。

【役職別の賃金(男性)】

役職 役職別平均年収 全体の平均年収(436万円)に対する倍率
非役職者 377万円 0.86
係長級 486万円 1.11
課長級 638万円 1.46
部長級 800万円 1.83

実際のデータは男性と女性に分かれていますが、日本M&Aセンターの社員は男性が多いと考えられるので、ここでは男性のデータを採用します。
令和2年に国税庁が公表したデータによると、全役職を含めた全体の平均年収は436万円です。
非役職者・係長級・課長級・部長級の平均年収は、全体の平均年収に対してそれぞれ0.86倍・1.11倍・1.46倍・1.83倍となるので、日本M&Aセンターの役職別年収も、同じ比率に従うと仮定して考えみます。
日本M&Aセンターの全役職を含めた全体の平均年収は1,353万円なので、これに先ほど算出した倍率を掛けると、日本M&Aセンターの役職別平均年収の推測値を求めることができます。
推測値は、非役職者が1164万円、係長級が1502万円、課長級が1975万円、部長級が2476万円です。

【日本M&Aセンターの役職別年収の推測値】

役職 年収の推測値
非役職者 1353万円×0.86=1164万円
係長級 1353万円×1.11=1502万円
課長級 1353万円×1.46=1975万円
部長級 1,353万円×1.83=2476万円

ただし、これはあくまで平均年収のデータを用いた推測値であるため、実際に日本M&Aセンターで支払われている年収と大きく違う可能性もあります。

ボーナス

転職情報サイト「openwork」に投稿されている口コミをみると、日本M&Aセンターのボーナスは、年2回で各1か月分となっています。
前節で算出した年収の推測値が、月給12か月分とボーナス2か月分で支払われているとすると、役職ごとのボーナスの推測値は、非役職者が166万円、係長級が215万円、課長級が282万円、部長級が354万円となります。

【日本M&Aセンターの役職別ボーナス推測値】

役職 ボーナスの推測値(年)
非役職者 166万円
係長級 215万円
課長級 282万円
部長級 354万円

ただし、あくまでも推測値であるため、実際のボーナス額と大きく違う可能性もあります。特に、日本M&Aセンターの給与はインセンティブがあるので、これを考慮するとボーナスの推測値が下がると考えられます。
また、転職サイト「openwork」の口コミに投稿されているボーナス額は以下のようになります。

【日本M&Aセンターのボーナスの例(口コミ)】

職種等 年収 基本給(月) ボーナス(年)
営業・在籍3年未満 1000万円 40万円 80万円
営業・在籍3年未満 900万円 60万円 140万円
M&Aコンサルタント・在籍3年未満 1500万円 35万円 70万円
営業・在籍3年未満 550万円 35万円 130万円

これらの口コミを見ると、必ずしもボーナスが基本給の2か月分でない例もあります。また、年収と基本給の関係から、インセンティブが多く支払われていると考えられる例もあります。

日本M&Aセンターの生涯年収

日本M&Aセンターの平均年収は1353万円、応募資格は大卒以上、定年は60歳となっています。
もし大卒で23歳から60歳まで37年働いたとして、単純に平均年収を37倍すると、日本M&Aセンターの生涯年収は5億61万円となります。
一般に生涯収入の平均は約2億円から3億円といわれているので、日本M&Aセンターでは平均よりかなり高い生涯収入を得ることが可能だといえます。

日本M&Aセンターの福利厚生

日本M&Aセンターの福利厚生には以下のようなものがあり、そのほかには、目標達成した社員による海外視察旅行、業績達成者を称えるパーティ、年間成績優秀者の表彰といった各種イベントもあります。

【日本M&Aセンターの福利厚生】
・各種保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
・各種手当(通勤手当・退職金・慶弔金・書籍費用補助・資格取得費用補助)
・週休二日制・有給休暇
・その他(社員旅行・部活動など)

日本M&Aセンターの社員口コミ

この章では、日本M&Aセンターの社員口コミから、年収に関するものを5つピックアップして紹介します。

日本M&Aセンターの社員口コミ①

給与制度は妥当性がある。前年の成果をもとに予算が決められる。」という口コミです。
年収は成果をもとにした実力主義のシステムなので、入社一年目で2000万円以上稼ぐことも夢ではないと述べられています。

日本M&Aセンターの社員口コミ②

年収は前職を考慮してもらえるため、稼げないと即退場ということはない。」という口コミです。
日本M&Aセンターの求人情報をみると、想定年収が記載されているものの、注意書きとして前職の年収や年齢を考慮するとあります。
一般に未経験で他業種に転職した場合、前職より年収が大幅に下がる心配もありますが、日本M&Aセンターではその点も配慮してもらえるようです。

日本M&Aセンターの社員口コミ③

残業代は出ない。インセンティブで稼ぐ人が多い。」という口コミです。日本M&Aセンターの基本給は、残業代込みとなっているのが注意点です。
基本給以上の収入を得たい場合は、成果を上げてインセンティブを稼ぐ必要があります。

日本M&Aセンターの社員口コミ④

評価制度は目標数字と実績との関係であるため、極めて透明感がある。」という口コミです。
日本M&Aセンターの評価制度は明確で、実績を上げた分だけ評価されると考えられます。ただし、実績のみの判断なため、会社全体の利益より個人の利益になる仕事をやる風潮があるとも述べられています。

 日本M&Aセンターの社員口コミ⑤

インセンティブは受託・成約の内容についても評価される仕組みになっている。」という口コミです。
この口コミによると、単純に成約数や成約金額だけを見るのではなく、滞留案件の成約や新規開拓など、成果の内容も評価されるということです。
さらに、結婚・出産・採用に関するインセンティブもあるとも述べられています。

日本M&Aセンターに転職したい人におすすめの方法

日本M&Aセンターに転職したい方は、M&A業界特化の転職エージェントに依頼する、転職サイトに登録する、リファラル採用を狙うといった方法をとるのがおすすめです。

【日本M&Aセンターに転職したい人におすすめの方法】
1.M&A業界特化の転職エージェントに依頼する
2.転職サイトに登録する
3.リファラル採用を狙う

M&A業界特化の転職エージェントに依頼する

日本M&Aセンターに転職したい場合、転職サイトなどを使って自分で活動するのもよいですが、転職エージェントのサポートを得るのも有効です。
特にM&A業界に特化したエージェントを利用すれば、自分だけで転職活動するより有利になります

【おすすめのエージェント】
1.ソーシング・ブラザーズ
2.エルキャリ
3.アクシスコンサルティング

おすすめのエージェント:①ソーシング・ブラザーズ

ソーシング・ブラザーズは、M&A業界に特化した転職エージェントです。元M&Aコンサルタントなど高いスキルを持つスタッフが在籍しており、キャリアプランやレジュメ添削、面接対策などをサポートします。
M&A業界に通じる独自のネットワークにより、多数の求人案件が集中しています。各企業の経営陣との繋がりも深く、高年収の非公開案件の紹介も行っています。
ソーシング・ブラザーズの適性診断の結果、高い適性があると診断された場合、書類選考パスなどの特別選考フローを受けることもできます。書類選考で落とされることも多いため、大きなメリットといえます。
ソーシング・ブラザーズ株式会社 | M&A業界への転職コンサルディングNo.1

おすすめのエージェント:②エルキャリ

エルキャリは、ベンチャー企業・金融・ファンド・会計士・税理士などに強みを持つ転職エージェントで、M&A業界への転職サポートにも力を入れています。経験豊富なコンサルタントと、豊富な非公開案件が強みです。

おすすめのエージェント:③アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサルタントのための転職エージェントで、M&Aコンサルタントへの転職を目指す方におすすめです。17年間で5000人のコンサルタントを支援してきた実績があります。

転職サイトに登録する

転職サイトに登録して、日本M&Aセンターの最新の採用情報を得ておくことも重要です。
基本的には案件が豊富な大手サイトに登録するのがよいですが、M&A特化型エージェントによる採用情報は非公開案件もあるので、大手サイトにない情報を得ることができます。

リファラル採用を狙う

日本M&Aセンターに知人がいる場合は、リファラル採用を狙うこともできます。ただし、日本M&Aセンターがリファラル採用を行っているかは不明なので、あくまで副次的な選択肢と考えておくべきです。

日本M&Aセンターの年収情報まとめ

本記事では日本M&Aセンターの年収情報について解説しました。日本M&Aセンターは平均年収1353万円という高年収を実現しており、上場企業全体で13位、M&A業界では3位の年収となっています。

【日本M&Aセンターの平均年収の推移】

年度 平均年収
2020年3月期 1353万円
2019年3月期 1414万円
2018年3月期 1320万円
2017年3月期 1419万円
2016年3月期 1237万円

【日本M&Aセンターの平均年収が高い理由】
1.仕事内容
2.1人あたりの担当案件数
3.インセンティブ制度

【日本M&Aセンターの各職種の仕事内容】

職種 仕事内容
M&Aコンサルタント M&A仲介業務など
M&Aアドバイザー M&A実行の手続き(エグゼキューション)など
M&Aコンシェルジュ 会計事務所・税理士事務所への営業など
コーポレートアドバイザー 企業価値評価・財務評価・スキーム案作成など

【M&A関連企業の年収上位3社】

会社名 年収ランキング 平均年収(2019年)
M&Aキャピタルパートナーズ 1位 3109万円
GCA 3位 2063万円
日本M&Aセンター 13位 1414万円

【日本M&Aセンターの年齢別年収推移の推測値】

年齢 年収
20代 988万円
30代 1326万円
40代 1515万円
50代 1624万円

【日本M&Aセンターの性別年収推移の推測値】

年代 男性の年収 女性の年収
20代 1002万円 862万円
30代 1356万円 1058万円
40代 1560万円 1108万円
50代 1685万円 1078万円

【日本M&Aセンターの役職別年収の推測値】

役職 年収の推測値
非役職者 1164万円
係長級 1502万円
課長級 1975万円
部長級 2476万円

【日本M&Aセンターの役職別ボーナス推測値】

役職 ボーナスの推測値(年)
非役職者 166万円
係長級 215万円
課長級 282万円
部長級 354万円

 

【日本M&Aセンターのボーナスの例(口コミ)】

職種等 年収 基本給(月) ボーナス(年)
営業・在籍3年未満 1000万円 40万円 80万円
営業・在籍3年未満 900万円 60万円 140万円
M&Aコンサルタント・在籍3年未満 1500万円 35万円 70万円
営業・在籍3年未満 550万円 35万円 130万円

【日本M&Aセンターの福利厚生】
・各種保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
・各種手当(通勤手当・退職金・慶弔金・書籍費用補助・資格取得費用補助)
・週休二日制・有給休暇
・その他(社員旅行・部活動など)

【日本M&Aセンターに転職したい人におすすめの方法】
1.M&A業界特化の転職エージェントに依頼する
2.転職サイトに登録する
3.リファラル採用を狙う

【日本M&Aセンターに転職したい人におすすめのエージェント】
1.ソーシング・ブラザーズ
2.エルキャリ
3.アクシスコンサルティング

RELATED

関連コラム

contact

お問い合わせ

まずは気軽にお問い合わせください。