大阪でM&A会社へ転職!アドバイザーの採用・求人情報を徹底紹介

大阪でM&A会社に転職する際は、業界内の求人情報を集めたうえで大阪で転職者募集しているM&A仲介企業の情報を厳選する必要があります。本記事では、大阪での転職を考えている人に向けて、大阪のM&A仲介企業の転職・求人情報を紹介します。

M&Aについて

企業を存続させるためには、常に成長を続ける必要があり、M&Aは成長戦略としても活用することができる手段です。絶大な効果を求めて、大手・中小問わず、さまざまな企業がM&Aを行う時代になっています。
近年は中小規模の案件が急激に増えたことでM&Aが身近になり、業界に興味を持った人が転職を目指すケースが増えています。この章では、M&Aの意味や業界の推移、転職市場を解説します。

M&Aの意味

M&Aとは、Mergers(合併)とAcquisitions(買収)の略称で、企業同士で行われる合併や買収取引をいいます。広義的な意味では、資本提携などもM&Aとして扱われることもあります。
M&Aを実施する目的は、経営上の課題解決や事業の多角化などです。企業の成長に大きな影響を及ぼすため、経営戦略として幅広く活用されています。
M&Aは当時会社間で行われる交渉をもって進行します。しかし、双方が主観的な主張をすれば交渉がまとまる可能性は低くなるため、M&Aの専門家が仲介に入って公正な取引の実現を目指す形が一般的です。

M&A業界の推移

従来のM&A業界は、大手企業による事業規模拡大や海外進出のM&A案件が大半でしたが、近年は中小企業による事業承継問題の解決を目的としたM&Aが急増しています。
少子高齢化や人口の都市部集中などによる後継者不足問題があり、多くの中小企業が廃業の危機に瀕しています。そのような背景により、後継者不足問題を抱えた中小企業がM&Aで会社の存続を目指すケースが増えています。
M&A業界に多数の案件が集中することとなり、M&A市場の成長に繋がっています。事業承継問題は即座に解消することが難しい見方が強く、今後もM&A市場は成長していくとみられています。

M&A業界の転職市場動向

日本の多くの産業が成熟期に入っているなか、M&A業界は安定した成長をみせています。そのため、今後を見据えて成長性が期待できるM&A業界への転職を目指す人が増えています。
M&A業界の成長に合わせて、人材獲得競争も激化しています。多くの案件をこなすためには優秀なM&A人材が必要になるため、さまざまな企業が積極的に採用を行っています。
また、M&A業界に特化した転職エージェントも増えてきています。M&A業界は求められる能力・スキルの水準が高く、転職難易度も高いとされていますが、転職エージェントの登場によりハードルが引き下げられ、転職市場が活性化しつつあります。

Isometric large set of businessmen and business woman, front view and rear view, vector illustration.

大阪のM&A企業|採用情報

大阪でM&A業界に転職するなら、大阪のM&A仲介企業や採用情報を把握しておく必要があります。ここでは、大阪で転職者を募集しているM&A仲介企業や採用情報を紹介します。

採用情報

転職活動をするうえでは、M&A仲介企業が公開している採用情報を確認することになります。採用情報を確認する際の特に重要なポイントは以下の3点です。

年収
M&A業界は高年収であることが知られています。求められる能力・スキルの水準も高いため、一般公開されている案件でも年収1000万円以上を提示していることが少なくありません。
ただし、M&A業界の給与体系は基本給与+インセンティブであることに注意が必要です。高い報酬を獲得するためには成果が必要になるため、提示されている年収が保証されるわけではありません。

過去の採用実績/事例
M&A業界はM&A仲介企業によって方針が大きく異なります。求める人物像も全く違うため、過去の採用実績・事例をチェックして企業の採用方針・傾向を確認しておくことが大切です。
実際に内定を獲得した人物のスキル・能力や人物像を知ることができれば、転職活動を有利に進めることができます。

求人案件数
多くの求人案件を出しているM&A仲介企業は大量の人材を欲している可能性が高いです。多くの採用枠があると考えられるので、内定をもらえる確率も高まることが期待できます。
20~30代の若い年代の求人案件が多くなる傾向があり、M&A業務はハードワークになることが多いので、とにかく若さと体力が求められます。

大阪で転職者募集中のM&A仲介企業

大阪でM&A業界へ転職するなら、M&A仲介企業が狙い目です。ここでは、大阪で積極的に転職者を募集しているM&A仲介企業4社を紹介します。

M&A総合研究所
M&A総合研究所は、中堅・中小規模のM&A仲介を得意とするM&A仲介企業です。成約まで一切の手数料が発生しない完全成功報酬制を採用しており、中小企業の経営者の目線に立った仲介サポートで豊富な実績を積み重ねています。
M&A総合研究所では、ITによる業務効率化で社員への利益還元が図られています。最高水準のインセンティブ率を採用しており、成果を出した社員は高額報酬を得やすい環境が構築されています。
また、独自のネットワークの活用により多数のM&A案件が集中しており、一人当たりの案件担当数が非常に多いため、業務をこなして自身のスキルアップを目指したい人にも向いている環境です。

日本M&Aセンター
日本M&Aセンターは、豊富なM&A仲介実績を持つリーディングカンパニーです。1991年に公認会計士や税理士の共同出資で創設され、2007年にM&A専門企業として初の東証一部上場を果たしています。
日本M&Aセンターでは社内制度が充実しています。優秀な成績を収めた社員は海外視察旅行にいける権利が与えられ、2016年度は79名の社員がニューヨーク・シンガポールの視察旅行へ行っています。
MA6と呼ばれるイベント活動も盛んに行われており、部署を超えて集まるため、幅広い層の社員同士で交流を深めることができます。部活動を通して高められたチームワークはM&A業務に活かすことができ、成果へと繋げています。

M&Aキャピタルパートナーズ
M&Aキャピタルパートナーズは、中小企業のM&A・事業承継の仲介業務を得意とするM&A仲介企業です。大手の証券会社や投資銀行出身のメンバーが多く、精度の高いM&Aサポートを提供しています。
M&Aキャピタルパートナーズは平均年収が2000万円超えの高年収企業ということでも有名です。多くの就活生にとって憧れの的となる存在ですが、新卒採用は行っておらず中途採用限定となっています。
一定の社会経験を積んでいる必要があり、M&A業界の経験者・未経験者別に求められる能力・スキルが異なります。

ストライク
ストライクは、監査法人出身の公認会計士により設立されたM&A仲介企業です。後継者問題を抱える経営者や年商1~100億円前後の中小企業を対象に、M&A仲介業務を行っています。
ストライクはM&Aプラットフォーム「M&A市場SMART」を運営しています。M&AとITノウハウを紐づけることで、マッチングの可能性を爆発的に広げることに成功し、日本のM&A業界の発展に大きく貢献しています。
在籍する社員は、金融機関出身者や豊富なM&A経験を持つメンバーが中心です。社員が互いに刺激を与えあうことで、柔軟な発想や旺盛な行動力を発揮して、精度の高いサポートの提供を実現しています。

大阪のM&A企業|転職・求人情報

この章では、大阪で精力的に活動しているM&A仲介企業4社の転職・求人情報を紹介します。

M&A総合研究所の転職・求人情報

M&A総合研究所は、中堅・中小規模のM&A案件を中心に扱っているM&A仲介企業です。公式サイトの採用ページや口コミ情報を交えて、転職・求人情報を紹介します。

仕事内容・職務内容
M&A総合研究所の仕事内容は、受託・マッチング・クロージングです。入社後しばらくは、チームマネージャーの指導を受けながら経験を積むことになります。
企業価値評価やデューデリジェンスなど、専門的な知識が必要になる業務に関しては、会計・税務などの知識を持つ社内の専門家からの助言を受けることができます。

応募条件・求める人物像
M&A総合研究所が求める人物像は、熱意・バイタリティーがある人材です。M&Aに思い悩む経営者の背中を押すためには、単純な知識だけでなく熱意・バイタリティーが求められます。
応募条件に関しては採用ページに明記されていないため、転職エージェントに依頼して情報を収集するか、直接問い合わせるなどして確かめる必要があります。

給与・想定年収
M&A総合研究所の給与は基本給400~1200万円(前職考慮)です。さらに成果に応じて付与されるインセンティブが上乗せされます。
M&A総合研究所のインセンティブ率は高水準で知られており、基本給を大きく上回る報酬を獲得しやすい仕組みが構築されています。

【M&A総合研究所の想定年収】
・入社1年目・・・420万円(基本給)+480万円(インセンティブ)=900万円(年収)
・入社2年目・・・800万円(基本給)+1460万円(インセンティブ)=2260万円(年収)
・入社3年目・・・1200万円(基本給)+2440万円(インセンティブ)=3640万円(年収)

学歴・経歴
M&A総合研究所の応募条件では学歴指定はされていません。ただし、在籍するM&Aアドバイザーは一流大学出身者が多いため、高学歴であれば転職では有利になるでしょう。
公式サイトで公開されている社員インタビューでは、IT業界の出身者もいます。M&A総合研究所はIT分野に精通していることもあり、M&A×ITの追求に余念がありません。

企業データ

会社名 株式会社M&A総合研究所
従業員数 36名
連絡先 0120-401-970
仲介サービスの強み ・着手金・中間金不要の完全成功報酬制

・独自のネットワークを活用したスピーディー成約

応募フォーム https://recruits.masouken.com/entry

日本M&Aセンターの転職・求人情報

日本M&Aセンターは、中堅・中小規模のM&A仲介において豊富な実績を持つM&A仲介企業です。採用ページや有力な口コミ情報による転職・求人情報を紹介します。

仕事内容・職務内容
日本M&AセンターのM&Aコンサルタントの仕事内容は、M&Aの一連の流れ(情報の開拓・相談受付・提案・企業評価など)です。
また、中途採用ではM&Aコンサルタント以外の職種も募集しています。M&Aコンシェルジュやドキュメントデザイナーなど、幅広い分野を手掛けています。

応募条件・求める人物像
日本M&Aセンターが求める人物像は、高い専門性とビジネスマンとしての総合力です。企業の問題解決に取り組むため、高い水準の能力・スキルを求めています。
応募条件に関してはM&A業務経験は不問とされていますが、中途採用では原則3年以上のビジネス経験または相応の実力者としています。

給与・想定年収
日本M&Aセンターの新卒採用の給与は、大学卒28万円(月給)・大学院卒29万円(月給)です。中途採用の給与は、月給+賞与2回+上限のないインセンティブとなっており、前職の給与や職務経歴から総合的に決定されます。

【日本M&Aセンターの想定年収】
・大学卒・・・336万円(年収)
・大学院卒・・・348万円(年収)
・中途採用・・・500~1200万円(年収)

学歴・経歴
日本M&Aセンターの応募条件では、大学卒以上が指定されています。在籍メンバーや採用実績からは、東京大学や一橋大学等の一流大学出身者が多いことが分かります。
経歴に関してはM&A経験は不問とされています。過去の内定者においても、M&A業務経験者はごく僅かとなっており、未経験者の採用事例の方が圧倒的に多くなっています。

企業データ

会社名 株式会社日本M&Aセンター
従業員数 641名(2020年9月時点)
連絡先 03-5220-5454
仲介サービスの強み ・M&A成約支援実績6,000件超え

・海外展開にも注力

応募フォーム 新卒:https://nihon-ma.snar.jp/index.aspx

中途:https://hrmos.co/pages/nihon-ma/jobs

 M&Aキャピタルパートナーズの転職・求人情報

M&Aキャピタルパートナーズは、中堅・中小企業に対して友好的なM&A仲介サービスを提供するM&A仲介企業です。公式の採用ページで公開されている情報や、口コミを交えて転職・求人情報を紹介します。

仕事内容・職務内容
M&Aキャピタルパートナーズが募集している職種はM&Aコンサルタントです。仕事内容は、案件発掘・資産価値査定・M&A手法の決定・イグジットの考案・オペレーションです。
なお、経験者の場合は、上記業務に加えて管理職としてメンバーのマネジメントにも携わります。

応募条件・求める人物像
M&Aキャピタルパートナーズの求める人物像は、群を抜く誠実さや高い情熱、専門性を高め続けられる勉強熱心さを持つ人材です。
経験者の応募条件は、M&A案件のソーシング・エグゼキューションなどの実務経験者、あるいは複数の案件成約に携わった経験者です。
未経験者の応募条件は、大学卒業以上・金融業界の営業経験2年以上・その他業界の大手企業で若手トップクラスの成績者のいずれかです。

給与・想定年収
M&Aキャピタルパートナーズの給与は、固定給+インセンティブ+業績連動賞与(年2回)です。固定給は、前職の給与・実績を考慮したうえで決定されます。
具体的な数値は明記されていませんが、M&Aキャピタルパートナーズの平均年収の高さを考慮すると、給与・想定年収も高水準になることが期待されます。

学歴・経歴
M&Aキャピタルパートナーズの応募条件では学歴は指定されていません。在籍メンバーは一流大学出身者が多いですが、中途採用限定であることから、営業力や経験を重視する一面もあることが分かります。
経歴に関しては金融業界出身者が優遇されています。特に、法人営業の経験が評価されて内定に繋がっていると推察されます。

企業データ

会社名 M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
従業員数 連結:199名

単体:122名(2020年9月時点)

連絡先 03-6880-3800
仲介サービスの強み ・専門コンサルタントによる一貫したサポート体制

・経営者への直接提案力

採用ページ 経験者:https://www.ma-cp.com/recruit/recruting_01/

未経験者:https://www.ma-cp.com/recruit/recruting_02/

ストライクの転職・求人情報

ストライクは、公認会計士が主体になって設立されたM&A仲介企業です。採用ページや口コミ情報を基に、転職・求人情報を紹介します。

仕事内容・職務内容
ストライクが募集している職種は、M&Aコンサルタントです。仕事内容はM&A先の探索・提案・条件交渉や企業価値評価、デューデリジェンスなどです。
入社後しばらくは、先輩社員の指導を受けつつ業務に取り組みます。企業価値評価やデューデリジェンスに関しては、公認会計士の有資格者により指導を受けることができます。

応募条件・求める人物像
ストライクが求める人物像は、営業力・交渉力を持つ人材です。また、代表が公認会計士ということもあり、財務・会計の知識があると優遇される傾向にあります。
応募条件は、公認会計士・税理士・弁護士・弁理士等の有資格者、金融機関における3年以上の営業経験、M&Aに関する知識・経験のいずれかが指定されています。

給与・想定年収
ストライクの給与は、固定給400~800万円(前職考慮)+インセンティブです。インセンティブに関しては上限がないため、成果をあげるほど高報酬を得られる仕組みになっています。
ストライクの平均年収は、2019年時点で1540万円です。上場企業の平均年収ランキングでも上位に入っており、想定年収も高くなることが期待できます。

学歴・経歴
ストライクの応募条件では大学卒以上が指定されています。高学歴の方が優遇されますが、有資格者や営業経験が重視されるため、一流大学出身者でなくても十分に内定を狙うことができます。
経歴に関しては、金融機関出身者が優遇されています。法人営業において優秀な実績があれば、自身の強みとしてアピールすることができるでしょう。

企業データ

会社名 株式会社ストライク
従業員数 140名(2020年8月時点)
連絡先 03-6865-7799
仲介サービスの強み ・公認会計士主体による高い専門性

・広範な情報ネットワークを活用したマッチング

採用ページ https://www.strike.co.jp/recruitment/recruit.html

大阪でM&A業界への転職を成功させるには

大阪でのM&A業界への転職は、志望先のM&A仲介企業に直接エントリーする方法もありますが、個人の情報収集力だけで内定を狙うのは非現実的といえるでしょう。
企業の採用方針を把握するためには、そのほかの転職方法も検討することが大切です。この章では、大阪でM&A業界への転職を成功させるための方法を紹介します。

M&A業界特化の転職エージェントに依頼する

大阪のM&A仲介企業の情報を収集するなら転職エージェントを活用する方法が有効です。特にM&A業界に特化しているエージェントであれば、業界の内情についても情報提供を受けられるので、転職が成功する確率が高まります。

【M&A業界特化のおすすめ転職エージェント】
1.ソーシング・ブラザーズ
2.ムービンストラテジックキャリア
3.エルキャリ

おすすめのエージェント:①ソーシング・ブラザーズ
ソーシング・ブラザーズは、M&A業界に特化した転職エージェントです。深刻化する中小企業の事業承継問題に取り組むべく、M&A仲介企業とM&A人材のマッチングに注力しています。
最大の特徴は元M&Aコンサルタントならではの、圧倒的な求人案件数です。M&A業界に通じるネットワークを活用して、さまざまな企業からの求人案件が集中しています。
また、適性診断を通して特別選考フローのサポートを受けることも可能です。過去に書類審査落ちした場合でも、ソーシング・ブラザーズ経由でオファーレターを受けるケースもあります。
ソーシング・ブラザーズ株式会社 | M&A業界への転職コンサルディングNo.1

おすすめのエージェント:②ムービンストラテジックキャリア
ムービンストラテジックキャリアは、金融・M&Aに特化した転職エージェントです。金融業界に精通しており、セミナーや説明会の開催情報を随時発信しています。
転職支援サービスでは、業界出身のコンサルタントによるサポートを提供しています。独自のカウンセリングメソッドに基づいたサポートで、適切なポジションの紹介を受けられます。

おすすめのエージェント:③エルキャリ
エルキャリは、士業・金融・M&Aの転職エージェントです。幅広い分野のハイクラス案件を扱っており、年収・キャリアアップを目指す転職者に重宝されています。
求人案件は職種別に公開されています。一部の職種では非公開案件も多いため、具体的な計画が決まっている場合は、別途問い合わせると好待遇な案件をみつけやすくなります。

転職サイトに登録する

大阪は中小企業が集中している都市であるため、M&A仲介企業も集まる傾向にあるので、転職サイトに登録して広範囲から情報を収集する方法も有効です。
ただし、面談対策などのサポートは受けられないため、あくまでも情報収集やマッチングが主な利用目的になります。転職活動の大半は独自で進める必要があります。

リファラル採用を狙う

リファラル採用は、自社社員から人材紹介を受ける採用方法です。企業と人材の間でミスマッチが起こりにくくなるため、入社後の定着率が高まる効果が期待できます。
元同僚や友人・知人がM&A仲介企業に在籍している場合は、リファラル採用を狙うのも有効な手段です。

大阪のM&A業界への転職まとめ

大阪のM&A業界への転職を目指すなら、M&A仲介企業の求人・転職情報を集めておくことが大切です。
今回は大阪のM&A仲介企業4社を紹介しましたが、多くのM&A仲介企業の情報を効率的に収集するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

【大阪で転職者募集中のM&A仲介企業】
・M&A総合研究所
・日本M&Aセンター
・M&Aキャピタルパートナーズ
・ストライク

【大阪でM&A業界への転職を成功させる方法】
・M&A業界特化の転職エージェントに依頼する
・転職サイトに登録する
・リファラル採用を狙う

RELATED

関連コラム

contact

お問い合わせ

まずは気軽にお問い合わせください。