M&A仲介のキャリアパスを事例付きで解説【年収モデル/業務内容/役職】

高給で専門性の高いM&A仲介への転職を希望し、キャリアパスをどうすべきか考えている方も多いのではないでしょうか。本記事では、M&A仲介のキャリアパスについて事例も交えながら解説し、おすすめの転職エージェントも紹介しています。

M&A仲介のキャリアについて

自分の仕事のキャリアにおいて目標や道筋を示すキャリアパスは、終身雇用制度が崩れて転職が当たり前になった現代では、非常に重要な意味を持ちます。
M&A仲介の仕事に就いてキャリアアップを目指すためには、まずどのような就職先や仕事内容があるのかを知ることが大切です。

M&A仲介とは

M&A仲介とは、会社の買収や合併などを行うM&Aを、買い手と売り手の間に立って仲介する仕事です。M&A仲介は給料が高く今後伸びてくる業種であるため、M&A仲介を目指したキャリアパスを考える人が増えています。

M&Aの仕事ができる会社

M&A仲介の仕事ができる会社としては、M&A仲介会社M&Aアドバイザリーが代表的です。しかし、金融機関ファンドなど、それ以外にもM&A仲介の仕事ができる場所はあります。

【M&Aの仕事ができる会社】
1.M&A仲介会社
2.コンサルティングファームでのM&A
3.銀行・証券・ファンドでのM&A
4.事業会社のM&A担当者

M&A仲介会社

M&A仲介会社は、M&A仲介の仕事ができる最も一般的な選択肢です。キャリアアップの手段としてM&A仲介の仕事を考えている場合は、まずM&A仲介会社への転職を考えることになるでしょう。

コンサルティングファームでのM&A

M&A仲介会社以外でM&Aの仕事に就く選択肢として、M&Aを手がけるコンサルティングファームに就職する方法もあります。
M&A仲介とM&Aコンサルティングの業務は似ている部分も多いですが、M&A仲介が買い手と売り手の間に立つのに対して、コンサルティングは依頼者の利益最大化を目指すという違いがあります。

銀行・証券・ファンドでのM&A

銀行や証券会社などの金融機関では、多くの場合M&Aの部署を設けています。また、M&Aで会社を買収して利益を上げる投資ファンドに就職すれば、M&Aのキャリアを築くことができます。

事業会社のM&A担当者

M&Aを仲介・コンサルティングする側でなく、事業会社のM&A担当者になり当事者としてM&Aのキャリアを築く選択肢もあります。
ただし、事業会社は必ずしもM&Aの部署があるわけでなく、あっても採用人数が少ないことがあることが注意点です。

M&A仲介の部署や役職・個人の役割

M&A仲介の部署名称は仲介会社によりますが、業務内容は大きく分けてオリジネーションエグゼキューションに分類されます。
オリジネーションはM&A案件の発掘やマッチングを行い、エグゼキューションはその後のM&Aの手続きを行います。
役職の名称もM&A仲介会社によりますが、おおむね一般的な企業と変わりません。

役職別の年収

M&A仲介の年収は、実際に仲介業務を行う営業職の場合、平均年収が1000万円以上になることも多いです。M&A仲介の営業職はインセンティブが大きいので、実力がそのまま年収に反映されます。
一方で、事務職などは営業職ほど年収は高くなく、役職によって年収にかなりの差が出ます。

M&A仲介へのキャリアパス事例

M&A仲介へのキャリアパスには、さまざまなルートが考えられます。この章では、金融や事業会社を経る事例、会計士や税理士を経る事例など、4つのキャリアパスのパターンを紹介します。

【M&A仲介へのキャリアパスの事例】
1.金融機関や法人営業からM&A仲介へ転職
2.会計士や税理士からM&A仲介へ転職
3.コンサルティングファームや投資銀行のM&A部門へ転職
4.事業会社のM&A担当へ転職

キャリアパス事例①金融や事業会社の法人営業からM&A仲介へ転職

政府系金融機関の法人営業に従事した後、M&A仲介へ転職した事例です。
金融機関はあくまで融資が目的なので、顧客に無理なお願いをしなければならないことがあるのに疑問を持ったのをきっかけに、このような悩みを解消できるM&A仲介へ転職しています。

キャリアパス事例②会計士や税理士を経てM&A仲介へ転職

監査法人からM&A仲介へ転職した事例です。大学卒業後7年間監査法人で働いた後、ファイナンスを専門的に学ぶために海外MBAに入学しました。帰国後はそれらを活かせるM&Aアドバイザリーへ転職しています。

キャリアパス事例③コンサルティングファームや投資銀行への転職

大手の監査法人で会計士として働いた後、コンサルティングファームへ転職した事例です。複数の転職エージェントに登録し、半年かけて主要なコンサルティングファームに一通り応募して転職に成功しています。

キャリアパス事例④事業会社のM&A担当者への転職・キャリアアップ

外資系コンサルティングファームから、M&Aを積極的に行っているメガベンチャー企業へ転職した事例です。前職でM&A案件を担当できないことに不満を持ち、M&Aに積極的な事業会社へ転職しました。

M&A仲介転職後のキャリアパス

M&A仲介会社へ転職した後は、その会社でずっと働いて社内での昇進を目指すか、転職してさらに上を目指すキャリアパスを考えることになります。
また、独立して自分のM&A仲介会社を設立するという選択肢も考えられます。

M&A仲介キャリアの年収モデル例

M&A仲介へのキャリアパスを考える理由として、M&A業界の年収の高さに魅力を感じている人も多いはずです。では、M&A仲介キャリアの年収モデルは、どのようになっているのでしょうか。

M&A仲介の年収推移

平均年収.jp」のデータによると、M&Aアドバイザーの平均年収は、20代で約900万円前後、30代で平均1000万円に達し、50代で1400万円程度に達するとされています。
実際にはインセンティブ設計の強い会社では20代や入社して数年目で年収が数千万から、多い人では1億円を超えるケースもあるようです。

M&A仲介のインセンティブ制度

M&A仲介会社は、インセンティブ制度を採用しているところが多いイメージですが、実際はインセンティブ設計が整っている会社そう多くはありません。
インセンティブ設計が整っている会社は必然的に選考の倍率は高くなる傾向が強く、倍率の高い会社では100倍を超える会社もあるようです。

M&A仲介のキャリア転職・求人情報

この章では、2020年11月時点における、M&A仲介会社のキャリア転職・求人情報を3例ピックアップして紹介します。

 ①M&A総合研究所

中堅・中小企業のM&A仲介を手がける株式会社M&A総合研究所では、M&Aアドバイザーの募集を行っています。
想定年収は420万円から1200万円で、豊富なキャリアパス業界最高水準のインセンティブが強みとなっています。
採用サイト | M&A・事業承継ならM&A総合研究所

 ②M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、平均年収が3000万円を超える大手M&A仲介会社で、各種転職・求人サイトに求人情報をだしています。
想定年収は、未経験入社一年目でも実績次第では、1000万を超える社員もいるようです。

 ③日本M&Aセンター

大手M&A仲介会社の日本M&Aセンターは、「doda」などの就職情報サイトで採用情報を掲載しています。
勤務地が大阪・名古屋・福岡など幅広いので、地方在住の方でも転職のチャンスがあります。

M&A仲介のキャリアについてさらに詳しく知る方法

M&A仲介のキャリアについて詳しく知るためには、転職サイトに登録するなどして、情報収集することが大切です。
さらに、キャリアパスについて詳しい転職エージェントに相談すると、自分だけで探せない転職先を見つけるのに役立ちます。
転職エージェントには、M&A業界に特化したところやM&Aおよび周辺業種に強いところもあるので、このようなエージェントに依頼すると得られるメリットも大きいでしょう。

【M&A仲介のキャリアについて詳しく知る方法】
1.M&A業界特化の転職エージェントに相談する
2.転職サイトに登録する

M&A業界特化の転職エージェントに相談する

転職エージェントの中には、M&A業界に特化したサービスを提供しているところもあります。このような転職エージェントのサポートを得ることで、より積極的なキャリアを築くことができます。

【おすすめのエージェント】
1.ソーシング・ブラザーズ
2.エルキャリ
3.ムービン・ストラテジック・キャリア

おすすめのエージェント:①ソーシング・ブラザーズ

ソーシング・ブラザーズは、M&A業界に特化したキャリア支援サービスを手がけている会社です。
元M&Aコンサルタントや投資銀行出身者がサポートにあたり、キャリアプラン作成や面接指導など、M&A業界へのキャリアアップに向けた支援を行います。
2019年に動き始めたばかりの新鋭企業ですが、元M&Aプレーヤーとしてのネットワークを活用して、質の高い転職サポートを提供しています。
M&A業界に通じる独自のネットワークにより、多数の求人案件が集中しています。各企業の経営陣との繋がりも深く、高年収の非公開案件の紹介も行っています。
ソーシング・ブラザーズの適性診断の結果、高い適性があると診断された場合、書類選考パスなどの特別選考フローを受けることもできます。書類選考で落とされることも多いため、大きなメリットといえます。
ソーシング・ブラザーズ株式会社 | M&A業界への転職コンサルディングNo.1

おすすめのエージェント:②エルキャリ

エルキャリは、M&A業界を始め、会計士や税理士、金融機関などの転職支援を手がける会社です。
経営者としてM&Aに携わったエージェントや、監査法人での勤務経験があるエージェントが、M&A業界へのキャリアアップに向けてサポートします。

おすすめのエージェント:③ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリアは、M&Aを始めとするコンサルティング業界への転職支援を行うエージェントです。
コンサルタントは投資銀行や証券会社での勤務経験があり、豊富な経験から手厚いサポートを行えるのが強みです。

転職サイトに登録する

M&A業界の転職先を探すためには、まず転職サイトに登録しておくことが大切です。金融機関やコンサルティングに強いサイトに登録するのもおすすめですが、情報量の多い大手転職サイトも押さえておくほうがよいでしょう。

M&A仲介のキャリア・転職情報まとめ

本記事では、M&A仲介のキャリアパスについて解説しました。金融機関からの転職、会計士や税理士からの転職など、M&A業界に入るルートはいろいろな種類があります。
自身のキャリアや能力によって、適切なキャリアパスを設定するのが成功のポイントといえるでしょう。

【M&Aの仕事ができる会社】
1.M&A仲介会社
2.コンサルティングファームでのM&A
3.銀行・証券・ファンドでのM&A
4.事業会社のM&A担当者

【M&A仲介のキャリアについて詳しく知る方法】
1.M&A業界特化の転職エージェントに相談する
2.転職サイトに登録する

【おすすめのエージェント】
1.ソーシング・ブラザーズ
2.エルキャリ
3.ムービン・ストラテジック・キャリア

RELATED

関連コラム

contact

お問い合わせ

まずは気軽にお問い合わせください。