M&A業界への転職でおすすめのエージェントと選び方

M&A業界への転職難易度は非常に高いため、転職エージェントのサポートを受けつつ進めることが一般的です。
しかし、どこの転職エージェントに依頼すればよいか悩むこともあるでしょう。本記事では、M&A業界への転職でおすすめのエージェントと選び方を解説します。

M&A業界への転職について

近年は、中小企業における事業承継問題の解決手段としても、M&A需要は高まってきています。M&A業界に新規参入する企業も増えており、M&A関連の求人が急増しています。
M&A業界は、平均年収が高いことでも知られています。平均年収が高い上場企業ランキングでは度々上位に入っており、年収アップを目的にM&A業界への転職を目指す人も多いです。

M&A業界の職種と求められる能力・スキル

M&A業界では、職種によって求められる能力・スキルが異なるため、自分の能力・スキルがマッチする職種を志望することで、採用確率を上げることができます。

M&Aコンサルタント

M&Aコンサルタントに求められる能力・スキルは、営業力やコミュニケーション能力です。特に新規顧客を開拓するための営業力が強く求められています。
銀行や証券会社など、の金融機関での法人営業実績を保有している場合、未経験でも採用される可能性が高くなります。

M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーは、M&Aを成約させるための全体的なサポートを担当します。顧客企業の財務状況やビジネスモデルに触れることが多いため、金融関連の知識や経営企画・管理スキルが求められます。
求人を出す企業によっては、コンサルタントとアドバイザリーの明確な使い分けがされていないこともあります。その場合は幅広い分野の能力・スキルが求められることもあるので、注意が必要です。

事業会社内のM&A担当者

事業会社内の投資部門などに属し、M&A戦略策定や実行を担当する職種もあります。M&A案件以外にも携わることがあるため、求められる能力・スキルの水準も高くなります。
投資に特化した部門であるため、基本的に即戦力を求めていることが多いです。未経験から採用を目指すのは難しいので、M&A仲介会社などで経験を積んでからのほうがよいでしょう。

M&A業界の魅力

M&A業界で働くことの魅力は、高いビジネススキルが身に着くことです。業務を通して多くの経験を積むことができるため、キャリアアップを目指す人にとって最適な職種であるといえるでしょう。
また、M&A業界は平均年収が高いことも大きな魅力です。成果を出せばインセンティブという形で見返りを得られるので、働きがいもあります。

M&A業界は激務?

M&A業界は魅力ある業界ですが、激務になることが多い点に注意が必要です。成果を出すためには相応の業務をこなす必要があるため、ある程度の残業は覚悟しておかなくてはなりません。
ただし、全ての人が業務内容に負担を感じるとは限りません。個人の能力・スキル次第では早期に成果を出すことも可能なので、見合った職種に転職することが大切です。

M&A業界の転職市場の動向

M&A業界の需要高まりにより、多くの企業が求人を出しています。転職エージェントや転職サイトに求人案件が掲載されることも増えており、M&A業界の転職市場は拡大しつつあります。

経験者/未経験者別の採用状況

M&A業界の転職では、経験者が優遇される傾向にあります。基本的に即戦力が求められているので、業界で経験を積んでいる人材が優先的に確保されています。
その一方で、業界未経験者の求人も少なくありません。未経験者でもやる気や熱意が評価されて採用に繋がることがあります。
その際は、公認会計士や税理士などの国家資格や、M&A関連の資格を保有していると有利に働きます。

積極的に採用されている年齢層

M&A業界は若い世代を求めています。特に20代は成長性が期待できるため、経験やスキルが足りていない場合でも採用される可能性が高いです。
また、M&A業務は激務になることも多いので、若い世代は体力を自身の強みとしてもアピールすることができるでしょう。

転職成功者の前職は?

M&A業界の転職成功者は金融機関出身が多いです。法人営業という共通点があるため、金融機関で培った経験・ノウハウをM&A実務でも活用することができます。
金融機関から一般的な事業会社に転職すると年収が下がることも多いですが、M&A業界であればキャリアと年収のアップを目指すことができるので、金融機関からの転職事例が多くなっています。

転職エージェントを活用したM&A業界への転職活動の流れとスケジュール

M&A業界への転職活動は、転職エージェントを活用すると円滑に進めやすくなります。この章では、転職活動の流れとスケジュールを解説します。

【転職エージェントを活用したM&A業界への転職活動の流れ】
1.転職エージェントへの登録
2.履歴書・職務経歴書の作成
3.転職エージェントとの面談
4.応募先企業の選定・調査
5.応募・面接
6.内定・入社

 ①転職エージェントへの登録

まずは転職エージェントへの登録です。ウェブサイトの専用フォームから基本的な個人情報を登録してサービスを利用できる状態にします。
基本的に無料登録の転職エージェントが多く、転職情報を随時発信していることもあるので、将来的な転職を検討している場合もとりあえず登録しておくと、役立つ情報を得られやすくなります。

 ②履歴書・職務経歴書の作成

登録が済んだら、求人に応募するための履歴書・職務経歴書を作成します。企業が採用の可否を判断するための大切な資料なので、事実に基づいて作成する必要があります。
一般的な履歴書と同じ形式であることが多いですが、転職エージェントによって形式が異なる場合もあるので、作成方法や記載内容に関するサポートを受けられる転職エージェントだと安心です。

 ③転職エージェントとの面談

転職エージェントとの面談は、転職者と転職エージェントとの理解を深めるために行われます。
能力・スキル以外に人柄や考え方も影響するので、向いている職種を判断するための大切な工程です。
転職エージェントは、M&A業界への転職を手助けしてくれる味方です。面接ではないので、転職に対する不安を解消するためにも、気負いすぎないことが望ましいです。

 ④応募先企業の選定・調査

履歴書・職務履歴書や面談の内容を基に、応募先企業の選定・調査を行います。転職エージェントによって希望条件に近い企業選定が行われ、そこから候補企業をピックアップします。

 ⑤応募・面接

転職を希望する企業がみつかったら、転職エージェントを介して求人に応募します。
転職エージェントの調査・選定により、募集要項はクリアしていることを確認済みなので、書類選考自体は通ることが多いです。
書類選考をクリアすると、応募先企業との面接に移ります。採用の可否を決定する工程なので、自身の強み・魅力をアピールできるように事前対策しておくことが大切です。

 ⑥内定・入社

応募先企業から内定を受けると、転職エージェントから待遇などの条件案内が届きます。以降は入社に関する手続きを進めていくことになります。
また、退社手続きも進める必要があります。現在の業務内容によっては即座の転職が難しい場合もあるので、転職エージェントを介して応募先企業と日程調整を行う必要があります。

M&A業界への転職を成功させるエージェントの選び方

M&A業界への転職は転職エージェントのサポートが必要不可欠ですが、沢山の候補から相談先を決定するのは大変な労力がかかります。
いくつかのポイントを押さえておくことで、転職エージェントを選びやすくなり、転職が成功する可能性も高くすることができます。

M&A業界への転職に強いエージェントの5つの特徴

M&A業界への転職なら、M&A業界に特化した転職エージェントに依頼するのがおすすめです。
以下の5つの特徴を押さえている転職エージェントであれば、安心して相談することができます。

【M&A業界への転職に強いエージェントの特徴】
・M&A業界との繋がりがある
・M&A業界出身など実務経験がある
・非公開の求人情報を多く取り扱っている
・M&A業界への適性があるかどうか判断できる
・書類パスや面接確約などの特別選考がある

M&A業界との繋がりがある

M&A業界との繋がりを保有している転職エージェントの場合、応募先企業が求める人物像について、リアルな情報提供を受けることができます。
情報が多くなるほど、適切な企業選定や面談対策を行いやすくなるため、M&A業界への転職が成功する可能性が高くなります。

M&A業界出身など実務経験がある

未経験者の転職の場合、M&A業界の現状や実務内容について不安に思うこともあるでしょう。
M&A業界出身の転職エージェントであれば、多面的なアドバイスを受けることができます。
なかでも、M&A仲介会社や金融機関出身メンバーで構成されている転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

非公開の求人情報を多く取り扱っている

転職エージェントは、希少性の高い求人を非公開情報として取り扱っていることがあります。
非公開案件は、求められる能力・スキルの水準が高い反面、好待遇を受けられる傾向が強いです。
M&A業界は表向きには求人を出していない企業も多いので、転職エージェントを介することでしか求人応募できないケースも珍しくありません。

M&A業界への適性があるかどうか判断できる

M&A業界の転職エージェントのなかには、能力・スキルを基に適性判断を行っているところもあります。
適性があると判断されれば、M&A業界に対する不安を解消することができるので、単なるマッチングだけではなく、適性判断を行ってくれる転職エージェントがおすすめです。

書類パスや面接確約などの特別選考がある

高い適性があると判断された場合、書類パスや面接確約などの特別選考を受けられるサービスを提供しているところもあります。
高い能力・スキルを持っていても書類選考で落とされてしまうこともあるため、特別選考サービスは心強い味方となります。

M&A業界の転職エージェントを活用する3つの方法

M&A業界の転職エージェントを活用する際は、以下のポイントを押さえておくと転職を成功させやすくなります。

【M&A業界の転職エージェントを活用する方法】
1.履歴書・職務経歴書を早めに準備しておく
2.転職に前向きであることを伝える
3.正直に相談する

①履歴書・職務経歴書を早めに準備しておく

転職エージェントは同時に多数の転職者・求職者を担当しています。優先的に対応してもらうためには、履歴書・職務経歴書を早めに準備しておき、転職に対する本気度を示しておくことが大切です。
履歴書・職務経歴書は、過去に作成したものをある程度は使いまわすことができます。不備があれば後から細かい修正を行うこともできるので、まずは作成して転職エージェントに登録しておきましょう。

②転職に前向きであることを伝える

転職エージェントの業務はあくまでも転職サポートです。転職者自身が前向きに取り組まなければ、転職が成功する可能性は低くなります。
転職に前向きであることを伝えておけば、転職が成功する可能性が高いと判断されて優先的に対応してもらいやすくなります。
その際は、期日を提示できると本気度が伝わりやすくなります。「〇月までの退職で〇ヵ月以内の転職を考えている」など、具体的なスケジュールを立てられると円滑に進みやすくなります。

③正直に相談する

転職エージェントは面談の内容を基に応募先企業の選定・調査が行うので、事実と異なる内容を伝えると面接時や入社後に高確率で食い違いが発生します。
転職エージェントとの信頼関係を失うことにもなりかねないため、嘘はつかずに正直に相談するが大切です。

M&A業界特化のおすすめ転職エージェント

転職エージェントによって、精通している業界や特徴・タイプが異なります。この章では、M&A業界に特化したおすすめ転職エージェント3社を紹介します。

【M&A業界特化のおすすめ転職エージェント】
1.ソーシング・ブラザーズ
2.ムービンストラテジックキャリア
3.アクシスコンサルティング

 おすすめのエージェント:①ソーシング・ブラザーズ

ソーシング・ブラザーズは、M&A業界に特化したキャリア支援サービスを提供する転職エージェントです。日々深刻化する事業承継問題を解決するべく、事業活動を行っています。
M&A業界に特化しているため、トップクラスの求人情報があります。能力・スキルを活用した最適な企業とのマッチングを期待することができます。
また、元M&Aコンサルタントということもあり、業界各社の特徴や実情を把握している強みもあります。情報を最大限に活用することで、入社後のミスマッチ率を極限まで引き下げています。
ソーシング・ブラザーズ株式会社 | M&A業界への転職コンサルディングNo.1

おすすめのエージェント:②ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリアは、ファンド・M&A・金融に特化した転職エージェントです。コンサルティングファーム出身者による転職サポートで、多くの実績を保有しています。
転職者一人ひとりに合わせたサポートを提供しています。能力・スキルを踏まえ、転職が決定した後も今後のキャリア生成についてサポートを受けることができます。

おすすめのエージェント:③アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサルティングファームへの紹介を行っている転職エージェントです。コンサル・M&A業界の出身者で構成されており、精度の高いサポートを受けられます。
現役コンサルタントの転職支援において豊富な実績を持っていますが、未経験者に対するM&A業界転職のレクチャーも行っています。

M&A業界へのおすすめエージェントまとめ

M&A業界への転職は求められる能力・スキルの水準が高く、難度も高いため、転職エージェントのサポートが必要不可欠です。
業界に特化した転職エージェントであれば、満足のサポートが受けられる可能性が高いので、精通している業界や特徴を調べたうえで相談するとよい結果も得られやすくなります。

【転職エージェントを活用したM&A業界への転職活動の流れ】
・転職エージェントへの登録
・履歴書・職務経歴書の作成
・転職エージェントとの面談
・応募先企業の選定・調査
・応募・面接
・内定・入社

【M&A業界への転職に強いエージェントの特徴】
・M&A業界との繋がりがある
・M&A業界出身など実務経験がある
・非公開の求人情報を多く取り扱っている
・M&A業界への適性があるかどうか判断できる
・書類パスや面接確約などの特別選考がある

【M&A業界の転職エージェントを活用する方法】
・履歴書・職務経歴書を早めに準備しておく
・転職に前向きであることを伝える
・正直に相談する

【M&A業界特化のおすすめ転職エージェント】
・ソーシング・ブラザーズ
・ムービンストラテジックキャリア
アクシスコンサルティング

RELATED

関連コラム

contact

お問い合わせ

まずは気軽にお問い合わせください。